ブックメーカーは競馬のオッズが高い

着順

ブックメーカーは、イギリスで18世紀の後半に競馬が元で考案されたと言われています。

ヨーロッパだけでも130万人以上が利用していると言われており、基本的にブックメーカーが独自のオッズをユーザーに提示して、予想的中したユーザーに配当を行うというシンプルな内容です。

凱旋門賞などの海外競馬をはじめとして、日本のG1レースの多くもブックメーカーにはオッズがあり、対象レースとなっています。

1,990年代後半にインターネットが普及したことにより、ブックメーカーのサービスは国境を越えて提供されるようになっています。これに伴い、より利用しやすい形にハード面が整備されており、2,000年代に入るとクレジットカードでの入出金が可能にあり、多くの日本人ユーザーもブックメーカーで海外競馬のレースに賭けています。

JRAとは違い競馬の場合、その馬の人気や強さも示しているなど、多彩なメニューが人気の秘密です。
ブックメーカーで競馬をやる一番のメリットは、なんと言ってもオッズの高さにあります。レースや、単勝複勝などの状況によりますが、日本のレースでもJRAよりもブックメーカーの方が高オッズならば、オッズの高いブックメーカーで賭けるというユーザーは急激に増加しています。
同じレースならば、ブックメーカーとJRAのオッズをしっかりと比較しましょう。ブックメーカーでも会社によりオッズが違いますので、数社のブックメーカーに登録して、オッズの比較するようにすると、競馬の収益はより安定します。

競走馬