ブックメーカーのリスク管理

ピッチャー

ブックメーカー(スポーツベッティング)はスポーツのゲーム結果を予想して、当たれば配当が得られる賭け事です。当然ですが、当たらなければ配当は受け取ることができません。配当がなければ収支はマイナスになります。

例えば何らかのスポーツで勝敗予想するときに、もう少しで勝つと思っていたチームや選手に賭けたいゲーム展開でも、その惜しいという事情何らの影響はなく、惜しかったから少しばかり配当を与えるということは、複勝でないかぎり有りません。
そのような理由から、ブックメーカーで利益を出していくためには、予想の的中率を上げる必要があります。そのためには、スポーツの研究と賭け方の研究をすることは欠かせません。研究をすれば、具体的な試合ごとの優劣や過去の傾向などを参考にして考えていくことができるので、やみくもに投資をする場合に比べて的中率はアップするでしょう。
過去データーは賭けるときの参考になりますので、しっかりと分析するようにしましょう。

賭け方についても、やみくもにかけるより、リスク配分を考えた賭け方を覚えれば、外した時に被る損害も抑えることができます。
ブックメーカーで勝つためには研究をしていく必要があります。方法論は決して一つではありませんので、自分なりの方法を模索していくと良いでしょう。